Feeling Pain Body in The Peaceful Hotel in Cebu

Actually I took a pause in going to my English school this week.

Since last month my energy has just kept going down and suddenly my body, somehow, was telling me “I don’t want to go to school anymore.”

Luckly, I am supposed to take a break from school next week, so I will take two-week holiday. And then, I move to a small hotel around mountains in Cebu.

(I was supporsed to go to Taiwan but I cancelled.)

My school life is mostly inside the same mall, becaue the school and located in it. I really needed sun light, nature, peace, nature, breeze, and so on. However, it is not easy for me to notice what I get used to naturaly.

Little by little, my feeliing is getting better but I know it would take time.

Whenever I feel pain body (named Eckhart Tolle, negative emotion one body pain caused by negative emotion ) in my body, I just feel it. It is amazing that I have enough time to do so now.

Eckhart says that the more I feel pain body in the body, the less pain body is getting. Now I enjoy the process like a game.
Honestly, I wanted to avoid any internet activitiy, but I gave up becaue I realized how much I love my business through the internet and writing. I believe these activities would give me power.

実は、今週は学校に通うのをやめました。

先月からエネルギーが落ちているのを感じていたのですが、限界になり、学校に行く気力を持てなくなりました。

もともと翌週は台湾に行く予定でお休みの予定だったので、(結果的に情勢が不安定なのでキャンセルしましたが、)二週間休みになったので、セブの山に囲まれたホテルに移動しました。

学校も学校指定のホテルもスーパーなど全て同じモールで完結してしまい、週末には大きなお庭のあるモールやホテルに行くようにしていましたが、ただの勉強しすぎかと思い、なるべく休む、でも気力が出ない、お腹に違和感まで出て来て、どうしたものかと感じていました。

一泊して、少しずつ元気になっているのがわかります。まだ時間はかかりますけどね。

ペインボディ(エックハルト氏がネガティブな感情やそれから発生する体の痛みのことをそう呼びます。)を感じれば感じるほど、ペインボディ自体がなくなるとわかっているので、だんだん楽しくなってきて、ゲームのように対応できるようになりました。

ほとんど予定がないので、好きなだけできます。なんて贅沢なことでしょう。

 

実は、ネットも刺激が強いので、最低限以外ストップする予定でしたが、やっぱり仕事が好きで、書くことも好きで、やめられません。

好きなことをして、体が元気になるといいなぁ。もちろん体優先ですけれどね。

 

 

 

 

 

My Story 2(Until Now) これまで

Luckily, I was able to get some information about Dumaguete City in the Philippines in 2013. My daughters and I moved there easily thanks to my friend’s support. Actually it was the most popular city for retirees, and currently there are many Japanese families living there. I will write about the city in my future blogs.

 

At the beginning, we cried a lot because my first daughter did not want to go to school. She had studied English before moving, but it was nothing. My second daughter also started to cry, even though she enjoyed the school at first. A few months later, my kids suddenly found friends at school and found school wonderful.

 

We had to change schools twice and it was common In the Philippines. Every time they changed school, we also had to move to an apartment close to their new school.

 

During that time we were just following the flow, we take everything by chance. We couldn’t find useful information from the internet, thus, I did get guidance from anyone I coincidentally met along the way.

 

We often went back to Japan to spend holidays. Sometimes, I learned beauty treatments and opened a private beauty salon in my apartment. I was an eager beaver to teach Math and the violin for my kids as well. It was not always happy but I was able to put lots of effort and spend time with my kids.

 

Unfortunately, my responsibility of raising my kids abroad was getting heavier as they were growing up. I started to want to go back to Japan. I also began to feel tired as a single mother.

 

I met my mentor in 2017. It was one of the biggest changes that happened within me. I started to read the books by Eckhart Tolle and I found out that the mother’s role is not who I am. It is just one role. My ex-husband asked me to have custody. Honestly, we got bored to live in the small city. Clearly, it was the best choice for my kids to live in Tokyo for better education. It took time but my kids agreed with moving there.

 

I made a big decision in April of 2018. Soon after we went back to Japan, my kids started to go to school from my parents home. They went to the same school every year. I went to England to study English and get used to the life without my kids for 2 months. I also lived in Tokyo for 2 months and moved to the Philippines to go to an intensive English school.

 

This is my story until now. I really appreciate you reading it till the end.

 

ラッキーなことに住みやすそうなドマゲティ市のことを教えてもらい、さらにサポートも受け、2013年に娘二人と移住しました。ドマゲティ市は住みやす差で、リタイアメントした人たちの中で人気の街です。詳しくはまた後日書きますね。

最初の数ヶ月は特に長女が学校を嫌がり、私や次女にとっても試練の日々でした。なだめたり、学校に行かせようとしたり、必死すぎて、本当に長女には申し訳なかったと思っています。ところが一旦友達ができると学校が大好きになり、すっかり転校に慣れ、いつも初日から友達を見つけてきます。

フィリピンでは年度ごとに学校を気軽に変えられるのですが、我が家も2回転校しました。その都度より学校の近くにと引越をしたのですが、その都度より住みやすいアパートを見つけることができました。インターネットの情報があてにできないフィリピンの小さな街で、いつも偶然知り会った人に紹介してもらえていました。導かれていたのだと思います。

フィリピンの学校は、日本の秋と春に長期休みがあるので、頻繁に帰国し、私の両親の家から近くの学校に通っていました。

私はあるエステに惚れ込み、ライセンスを取り、フィリピンの自宅でサロンをオープンしたこともありました。

また、長女妊娠中から子育てには熱心すぎて(育児の自信がなかったのですね)、小さな頃から数学やバイオリンやピアノ、マナーなど厳しめに教えていました。

特に離婚してからは育児の責任が重くなる一方で、さらに年齢が上がることに教育の質に疑問を持つようになり、日本で教育を受けさせることを考え始めました。また私のメンターに2017年に会い、それからエックハルト氏の本を読むようになったのですが、その中で「母親というのはただの役割で私ではない」と書かれており、私の人生について考え始めた時でもありました。

ちょうど同時期に元夫から子どもたちを引き取りたいとの申し出があり、決断したのが2018年の4月。子どものいない生活に慣れるのと心を癒すためにイギリスに2ヶ月留学したり、東京でさらに2ヶ月心身を休ませ、秋からフィリピンのスパルタ校で英語の勉強をしています。(20191月現在)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

No SNS: a 30-Day Challenge

Happy New Year!

I hope you had a great time with your family and friends.

Actually, I enjoyed the time being alone.

I started to feel tired with my current life style; less nature, hustle and bustle of the city, and lots of homework.

So I decieded to do my best in order to reduce my stress.

One of them is to stop using SNS.

 

Fortunately, I found my buddy to take on the challenge just this morning. He is my advisary teacher in my school.

 

Let me introduce the exact rule for it. Basically we are not allowed to use any social media platforms; Facebook(Except for my business group), Instagram, Twitter, and we can use Messanger, Line and Whats App only three times per day and reply to messages. Then only mode of communication using interenet is email.  We have informed our friends and family that they can contact us through email or phone.

These are the times for email, messenger and LINE: 8:30, 11:50 and 18:00.

 

We are excited what’s in store for us after 30-days.

 

新年明けましておめでとうございます。

みなさん素晴らしい年越しをされたことと思います。

私は、お誘いも断って体を休めていました。2ヶ月以上続く、慣れないフィリピンでの都会生活、特に自然の少なさ、人の多さ、食べたいものが食べられないストレス、リラックスを忘れがちな学校生活に体が悲鳴をあげ始め、メンターからは学校を止めるようにアドバイスをされたほどです。

でもやっぱり英語の勉強を続けたいので、いくつかルールを作ることにしました。

その一つがSNSを制限すること。

偶然英語学校の担当の先生もSNSと距離を置きたがっていたので、一緒に30日チャレンジをすることにしました。

 

具体的には、Facebook(仕事に使っているグルーブを除く)、 Instagram、 Twitterを使わないこととし、連絡などで必要ななどは、昼食前にチェック返信することにしました。基本的に近い友人や家族には何かあれば、メールや電話をもらえるようにお願いしました。

せっかくなのでメールやMessenger、LINEのチェックの時間を8:30、11:50、18:00と決めました。

30日後にどんな世界が待っているのか楽しみです。

基本的には今回しっかり体調を戻して、適度にSNSを利用できるようになりたいと思っていますが。。。

 

 

 

My Story 1(Until Becoming a Single Mother) シンママになるまで。

My two daughters and I used to live in the Philippines for five years on and off.

I am going to share my story until I decided to move to the Philippines this time.

In 2011, the big earthquake hit the nuclear power plants in Fukushima, when we were in Tokyo: 250 km far from Fukushima. After that, my kids’ health condition apparently got worse.

Actually there is a big question here.

Is nuclear really bad for our health?

I feel I created my daughters’ health problem myself because of my negative mind. I will talk about it precisely next time.

After trying to live in Tokyo for a few years, I made a conclusion that my daughters and I move to Matsumoto, where was less polluted. Matsumoto is a the most beautiful city I have ever lived. Amazing mountain views always healed me. However,  I had been exhausted there because of caring my kids’ asthma and atopic dermatitis at night and part time job to support my household. In the end, I met a car accident… I felt like that I was at the bottom of my life.

Anyway, I decided to get divorced and move to the Philippines, even though I do not have skill or income. I had to rely on my husband’s support and my saving.

I was also disappointed about Japanese government. They said that nuclear was harmless so almost all people tried to believe it including my family. I was totally away. It was very sad and painful. In addition, some friends of mine already moved abroad. Naturally, I started to learn English with online teachers in Cebu and run away to the Philippines just in order to suurvive.

 

娘二人と私は2018年春までフィリピンに5年弱住んでいました。

それまでの経緯を少しずつお話ししたいと思います。

事の始まりは2011年の東日本大震災でした。

福島から約250km離れた東京に住んでいましたが、その後子どもたちの体調が明らかに悪化しました。

ここで一つ大きな疑問があります。

本当に放射能は危険だったのか。私の被害者意識がそういう現実をつくってしまったのではないか。。。

後日ゆっくり書いてみたいと思っています。

なんとか東京で、食品の産地を選んだり、西日本に保養に行ったり、高額サプリを飲んだりとできる限りのことをしましたが、ご縁があり、母子で汚染の少ない長野県松本市に母子で移住することにしました。

松本の素晴らしい景色には毎日癒されていました。

が、実際は、子どもたちの喘息やアトピー性皮膚炎の看病とパートの仕事で疲れきっていました。

東京との二重生活で私の貯金は減る一方、またよく寝不足で運転をしていて、ついには交通事故まで。。。人生の底だと感じていました。

子どもたちの体調が良くなったこともあり、離婚し、海外に移住することに決めました。そしてビザの取りやすさとまずは英語の勉強ということ、住みやすい場所を偶然紹介されたこともあり、流れでフィリピンに引っ越しました。

理由として、日本政府への不信感もありました。放射能を避けようとする人たちは、きちがいとも言われていました。

居心地が悪くて、家族にも理解してもらえなくて、悲しくて、苦しくて、生き延びるためになんとか脱出したというのが当時の私でした。

 

 

Detox With MMS デトックス(MMS)

I’ve just finished detox with MMS last week. I got some great results from it. By the way, are you familiar with MMS? MMS stands for Miracle Mineral Supplement, Sodium chlorite (NaClo2). I am going to write about it in detail later.


Actually, I have tried several detox diet programmes since last year, such as kidney cleansing, colon cleansing, and liver and gallbladder cleansing. I got great results almost every time. However, I was very satisfied with the results this time. It removed my unexplained rush completely and my skin got softer.

 

In my personal experience, I chose one of the most basic protocols. I took MMS and DMSO (Dimethyl sulfoxide) eight times every after one hour per day for 21 days. At that time, I always had diarrhea so I needed to wake up early in order to enjoy the rest of the day. The ingredients include 3 drops of MMS, 3 drops of citric acid, and 120 ml of purified water. As options, I added a teaspoon of lemon to taste better and DMSO to help carry MMS to the middle of body cells.   

IMG_4674

This picture is taken from Jim Humble‘s e-book.

To proceed this detox program, you need to take whole responsibility.

You will get all information and e-book about MMS.
https://jimhumble.co

 

These protocols are found by Jim Humble by chance and have developed through  thousands of therapeutical experiences around the world. These protocols are said that about 90 percent of the disease in the world can be healed by their simple oxidation reactions in your body and have cured lots of people in the world for more than 20 years.

 

The mechanism is quite simple. MMS  are oxidizers that destroy poisons: chemicals and heavy metals, and kill pathogens by oxidation. Still, its oxidation power is not so strong so it does not hurt healthy cells and then it becomes harmless substance, so it can be used for children or weaken people. When MMS becomes depleted, myeloperoxidase comes into being. It supports your immune system.

 

By the way, MMS has not been approved by the United States Food and Drug Administration. So, you have to take full responsibility for your actions. Thanks to the Internet, you can get an e-book of the protocols in detail and buy MMS. This method does not require fasting, so they are much safer compared to other methods. In addition, the main protocol takes 21 days.

 

Again, you can get more information though this e-book. https://jimhumble.co

 

先週MMSを使ったデトックスを終え、満足した結果を得られたので、内容をしエアします。

MMSというのはミラクルミネラルサプリメントの略で、亜塩素酸ナトリウム(NaClO2:sodium chlorite)です。数十年前から浄水用の薬品として使われていたそうです。

数ヶ月前、急にホットヨガや整体に通い始めた際にデトックス湿疹が全身にでき、何をしても治らなかったのが、完全に治り、皮膚が厚くなりがちだった足の裏など、肌がしっとり柔なかになりました。

ジム・ハンブルクが、偶然この薬品でマラリアを治したのが始まりで、それから20年以上にわたる世界中の数千人の治験データをもとにより効果的でデトックスの際に起こる下痢などの作用を抑えた飲み方、食中毒、喘息など、具体的な症状別に合わせた飲み方などが全て電子書籍で公開されています。

世の中の病気の90%以上の病気に良い変化が期待できるそうです。

ただし、完全に自己責任になりますので、必ずジム氏のウェブサイトや電子書籍で事前によく確認してください。

ジム・ハンブル氏のウェブサイト https://jimhumble.co

 

実は、私も日本語訳されたサイトを参考に適当に始めたところ、胃を痛めてしまい、数日苦しい思いをしました。

正しい飲み方、注意事項を十分に理解することで、子どもや病気で弱っている方もトライでき、断食の必要もない、比較的安全で、確実なデトックス方法です。

 

私が実際にトライした飲み方の概要を紹介します。

21日間、毎日1時間ごとに8回飲みます。レシピはMMSとクエン酸を1滴から3滴ずつ(半滴から徐々に量を増やす)混ぜ、化学反応を起こさせます。30秒ほどすると液体の色が琥珀色になるのが目安になります。その後ミネラルウォーター(NG:塩素の入っている水道水)を120Ml注ぎ、MMSを筋繊維の奥まで届ける働きをするDMSOをMMSの3倍量(MMSが1滴の場合はDMSOを3滴)。と飲みやすくするためのレモン(NG:人口のビタミンCが含まれたもの)を小さじいっぱいほど加えて、一気に飲みます。

IMG_4674

この図はジム氏の電子書籍のスクリーンショットです。 https://jimhumble.co

デトックスの課程で下痢になります。残りの時間を快適に過ごすため、頑張って4時起きでチャレンジしました。外出先などで都度このMMS液を作らなくてもすむ作り置きの方法もジム氏の電子書籍で紹介されています。

 

デトックスのメカニズムはとてもシンプルです。

こちらに詳しく書かれているので参考にしてください。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=259964

 

病原菌に作用する理由、重金属や有害なケミカルを無毒化する理由、免疫を高める理由がわかりやすく説明されています。

 

 

 

How to Deal with Your Negative Thoughts ネガティブな思考の扱い方

I have learned about dealing with our negative thoughts from my mentor last year.  I am going to share about it.

 

There are more than sixty thousand thoughts come to your head everyday and most of them are negative ones. Moreover, unhealthy thoughts tend to lead you to wrong choices in life as your thoughts affect your action. That is why, it is important to master the way how to deal with negative thoughts. In the end, it could lead you to the ideal life you have desired.

 

First, you need to prepare in order to find your negative thoughts as much as possible. Actually, many people are accustomed to having negative thoughts. Therefore, practising to pay attention on your thoughts is necessary. Just ten minutes is fine. Close your eyes and count your breathing in your mind (such as, one, two, three, four for inhaling, one, two, three, four, five, six for exhaling). After doing it, you would experience a sense of peace of mind. When you find a thought coming to your head, just accept and ignore it gently. Consistency is the key to success. Do it every day.

 

Second, analyze your thoughts and deal with them. Whenever you find a thought, ask yourself. Is it beneficial to keep the thought? If no, ignore it, like swiping an application used with your finger. By the way, there is an important point here. To reduce your negative emotions, you need to feel them, especially great sadness. In that case, feel the emotion until the emotion is vanished as long as possible. The more you feel negative emotion, the less the root cause of negative emotion within you.

 

Last, just do it as much as possible. Give lights on your negative thought patterns and negative emotions. They are certainly losing their power inside of you by your attention. It takes time. Just continue gently. Being kind to yourself is essential as well. Once you master the way how to deal with your negative thoughts, you will be able to live with peaceful mind whatever life brings you.

 

私が昨年、メンターから学んだネガティブな思考の扱い方を紹介します。

 

人は1日60,000回以上、何らかの思考が湧き上がっていると言われています。そして、そのほとんどがネガティブなものだそうです。そしてもちろん、ネガティブな思考はネガティブな結果をもたらす行動の選択につながりがちです。

 

ですから理想の自分、生活を実現させるために、何度も襲ってくるネガティブな思考を正しく対処することが大事になってくるわけです。

 

まずは、ネガティブな思考に最大限気づけるようになるための準備練習をしましょう。というのは、ほとんどの人がネガティブ思考を持つことに慣れすぎていて気がつけないことが多いのです。

 

最初は10分でOKです。

リラックスできる体制で、目を閉じ、心の中で呼吸を数えましょう。例えば、1、2、3、4(息を吸って)、1、2、3、4、5、6(息を吐いて)。心の中が静かになったことに気がつけると思います。

途中で、思考に邪魔をされると思います。その時は受け入れ、優しく、取り除いてください。そこで、その思考と会話を始めないようにすることがポイントです。継続が大事です。毎日、続けてみてください。

 

稀に思考の中には役に立つものが混じっています。

有用かどうか自問して、もし不要だとわかったら、使い終わったスマホのアプリをスワイプして消すなどのイメージで一瞬にして取り除いてしまいましょう。

 

また、みなさん多くの思考パターンを持っています。なぜ?なぜ?と深掘りしていくことでそのパターンを見つけることができます。そのパターンがあることに気がつけただけで、その思考が少しずつストップしていきます。

 

次は深い悲しみなどの感情についてです。

これらはしっかり感じることで徐々にその感情が薄れていきます。都度、その感情の存在を受け入れ、感じきってください。ただ優しく、その感情があることを認め、感じるだけでOKです。

感情を感じれば感じるほど、心の中にある感情の素が少なくなっていきます。

 

ネガティブな思考をどう対処するのかマスターするには時間がかかります。

私もまだまだ練習中です。

義務感を感じない程度に、根気よく、かつご自身に優しく、続けてください。

何があっても心を平安に保てるようになるとのことです。

私もまだ途中ですが、確実な変化を実感しています。

 

Writing to Me

Writing is the best art for me. I can do it anywhere and anytime. I also believe the power of words.

In addition,  I love English itself, English expressions, and culture in English spoken countries.

There are different attractions in writing English and Japanese, so I write both English and Japanese.

I still need to brush up my English, but I will try to share my ideas and some useful information as much as possible.

I hope that the readers of my blog would enjoy my English development as well as my positive energy.

 

書くことは私にとって最高のアートです。どこでも楽しむことができます。

そして、言葉自体のパワーを信じています。

さらに、英語自体、英語での表現、英語が話される国の文化が大好きです。

また、英語で書くのと日本語で書くのは、それぞれ違う心地よさがあります。

まだ、英語勉強中の身ですが、私の気持ち、経験やアイデアを英語と日本語で書いていきます。

私の書く楽しみ、文章力や英語力の上達を少しでも楽しんでもらえたら、

ブログの内容自体が、何らかの形でお役にたてたら、といつも願っています。